妊娠 7ヶ月〜妊娠 10ヶ月頃
参考にした本・DVD・教室名:イギリスにいた頃、現地のヨガインストラクターの方から習いました

マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

私は2015年1月から、夫の仕事の関係でイギリスはロンドンに滞在していました。初めての海外生活、不安もあったものの間もなく長男を授かり、ロンドンでの妊婦生活が始まりました。

妊娠6ヶ月になった頃、寮が変わることになり引越しをしました。新しい寮は、多くの子どもさんがいるファミリーが暮らしていて、寮内で様々な種類のコミュニティーがありました。その中でヨガのクラスがあることを知り、マタニティーでも参加できるとのことだったので、夫と一緒に週一回のペースで、ヨガを始めてみることにしました。

日本でホットヨガをやっていたこともあり、ヨガ自体はとても楽しく、順調にスタートすることができました。妊娠中は血行が悪くなりがちなので、ヨガをすることで身体がすっきりすることをはっきりと実感できるようになりました。一回50分のクラスが終わる頃には、私のくすんだ顔色が真っ白に変わっていたようで、毎回夫にそのことを指摘されて晴れやかな気持ちになっていたのを思い出します(笑)。

最初の頃はまだそこまでおなかも大きくなかったので、いろんなポーズをとることもできたのですが、お腹が大きくなるにつれ、うつむきの姿勢などをとるのが難しくなってきました。インストラクターの先生が、無理はしないでね、と代わりになるポーズを親切に教えて下さったので、身体に無理のない範囲で行うように心がけていました。運動不足を解消できるので、とてもいいクラスを見つけられたなと思い、毎週楽しく通っていました。

やがて臨月になり、おなかが重たくて早く生まれてほしい〜と思うようになり、階段昇降など毎日がんばっていたのですが、それに加えて定期的にヨガをすることで、うまく臨月時の運動不足を解消できていた気がします。

結局、出産ギリギリまでヨガには通い続け、予定日より二日遅れて無事、息子が誕生しました。元々運動神経がなく、基礎体力も全くない私でしたが、ヨガをしていたお陰か、お医者さんが「誇りに思っていいですよ」と褒めてくださるほどの安産でした。

そうして出産して二週間後、手伝いに渡英してくれていた実母に息子を預け、夫と一緒にまたヨガを再開しました。インストラクターの先生も、元気ね〜とびっくりしていました(笑)。その後少しして日本に帰ることになり、ヨガのある生活は終わってしまいましたが、また機会があればいつかやりたいなあと思っています。異国でのマタニティヨガ、私の大切な思い出です。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。