妊娠 6ヶ月〜妊娠 10ヶ月頃
参考にした教材などはなく、出産した産婦人科のマタニティヨガレッスンに通っていました。

私は妊娠する前までホットヨガに通っていました。

妊娠を機に辞めていたのですが、ちょうど通っていた産婦人科で助産師さんからマタニティヨガのレッスンがあることを聞きました。

もともとヨガが好でしたし、運動をした方が安産になると聞いていたので、迷わず通い始めました。

マタニティヨガのレッスンには、インストラクターの方と助産師さんが一人ついていてくれました。

普通のヨガはお腹に力を入れて息を吐きますが、マタニティヨガはお腹に力を入れず、深く長く息を吐くことを意識してやりました。

また、リラックスすることを第一に考えたヨガでしたので、他の妊婦さんとのびのび楽しくレッスンを受けれました。

私は友人から、「股関節を柔らかくしていると安産になるらしいよ」と聞いていたので、マタニティヨガでバタフライのポーズを特に念入りにしていました。

バタフライのポーズとは、両足の裏同士をくっつけて恥骨の方に引き寄せ、背筋を伸ばして前にゆっくり倒れるポーズです。

お腹が大きくなると前に倒れることはせず、背筋を伸ばしたままゆっくり深呼吸をしていました。

始めたばかりの頃は股関節が痛かったのですが、毎日繰り返してやるうちに、両膝の外側が床につくまで柔らかくなりました。

妊娠6ヶ月〜臨月までマタニティヨガのレッスンに通い、レッスンがない日は家でやっていました。

そのおかげかは分かりませんが、初産にもかかわらず3時間ほどで産まれとても安産でした。

また、ヨガで呼吸法をマスターしていたので、いきみ逃しの辛い時間帯も取り乱すことなく、落ち着いて陣痛に臨めていたと思います。

たまたま同じ時間帯に陣痛がきていた妊婦さんがいて、その方は割と早い段階から取り乱し、呼吸が乱れてきつそうだったので、ヨガをやっていて本当に良かったと思いました。

いきみ逃しがうまく出来るか出来ないかで、出産のきつさは変わってくると思います。

また次に妊娠することがあれば、マタニティヨガのレッスンを受けたいです。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。