妊娠 5ヶ月〜妊娠 9ヶ月頃
参考にした本・DVD・教室名:minca

mincaマタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠16週目からマタニティヨガに参加しました。妊娠初期はつわり、眠気等あり、体を動かす気力、体力もなくひたすら寝ている日々でした。

体調も安定し、もともと体を動かすことが好きだったので、安定期に入ってすぐマタニティヨガに参加しました。

妊婦さんは、3~5名の少人数でした。レッスン前にご参加の妊婦さんと、妊娠時の悩みや体の不快症状について話したりしてレッスンする場にもリラックスできました。

心地よい優しい音楽と適度な室温、湿度が保たれており快適な部屋でした。レッスン前にはレッスンを行うにあたっての注意事項など説明がありました。

お腹がはったら休む。トイレは遠慮しないでいってください。水分補給をしっかりとる。など。その後はゆっくりと先生が人数さんの体の悩みを、聞いてくれて、それにあわせたヨガをしました。

最初は呼吸法を行いました。妊娠時は呼吸があさくなるので、横隔膜を意識した呼吸法を。横隔膜を意識すると骨盤低筋まで影響するので、しっかりと呼吸をしました。

腹式呼吸も実施しました。腹式呼吸は、お腹に腹圧をかけず、リラックスしながらお腹の心地よいフクラミヲ感じながら腹式呼吸を。

呼吸法をするだけでも体が軽くなり、スッキリしました。また呼吸法は産むときもとても役立ちました。
陣痛時、息を吐くと赤ちゃんが下にでやすくなるようで、しっかり吐く練習もしました。

いきみ逃しでも吐くことの重要性を学びました。そして吸うのは鼻から吸うのも大事だと。口から吸うとパニックになるさうです。

呼吸法の後は、アサナを1つ ひとつ丁寧に。椅子、クッション、ブロック、ヨガベルトを使いました。

中期は骨盤を収縮、弛緩の働きをつよめるもの。
後期は股間節を広げるもの。リラックスでした。

アサナはウォーーア1,2、とりこ、キノボーズで集中力を高めました。出産時は股関節の柔軟性が大事です。動かすことによって体もリフレッシュでしました。

マタニティ太陽礼拝で体を温めることで、骨盤まわりの血行を良くなるみたいです。

最後は座ってリラックスアサナ。先生も柔らかく、優しい声で眠ってしまいました。

出産時は呼吸法がととも役立ちました。長くはけたので、無駄な体力を使わずに分娩室に入って1時間で産まれました。陣痛がくるといたいので、体に力が入り、赤ちゃんが出にくくなります。

痛みを受け入れながらもしっかり吐くと次の吸ういきもふかくなりました。しっかり吸えると冷静になれますし、赤ちゃんにも、酸素がいくみたいです。

呼吸、アサナでいきみ逃しをして、陣痛で体力を目一杯に奪われることはなく、産後の回復も早かったです。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。