鈴木病院で出産した体験談

住所:愛知県豊田市月見町1丁目10番8

電話番号:0565−33−8051

サイト:suzuki-hp.jp
定期検診の待ち時間:30分から1時間くらい

待ち時間中、外出OK?:覚えていませんが、外出はみなさんしていませんでした。

定期検診の費用:補助券を使ったので支払いはなかった。

入院出産費用:陣痛促進剤も使ったたため、47万かかりました。

分娩方法(ラマーズ、無痛、鉗子、ソフロロジーなど):吸引分娩

待合室は広いです。椅子がたくさん並んでいますし、雑誌も多く置いてあるので退屈しません。スタッフは皆女性です。どの方も忙しながらも丁寧に接してくださいます。” “ 豊田市といえば鈴木病院が人気の病院です。同級生も多くこの病院で出産しています。ホテルのような個室となっており、部屋は清潔感ある白が基調となっています。ローラシュリーのグッズを取り揃えていて、落ち着く空間となっていました。しかし、私は角部屋でしたので若干他の部屋に比べて狭かったです。シャワールームは透明のガラスになっているため、シャワーを浴びながらも新生児の様子を確認することができました。

 食事は普通でした。パンは、病院近くの美味しく有名なパン屋「ジャック」のものを提供していました。おやつはケーキが多かったです。一日だけ、お祝いのフルコースが別の会場でいただけました。同じ日もしくは近くの日に出産した方々と一緒に食べました。レストランに来たような感じでした。飲み物はおかわり自由でした。

 出産すると、病院から一つプレゼントがいただけました。

服や授乳クッションが主だったと記憶しています。ほとんどの人が授乳クッションをもらっていました。

 出産までの定期検診ではまず予約の取りづらさが顕著でした。人気のある医師とそうではない医師がいます。自分に合った医師を探し、その医師の予約を取るようにしていました。女性の医師も数人在籍しています。いろいろな性格の医師がいますが、どの先生も優しく丁寧です。

 人気のある病院ですので患者さんも毎日たくさん来院してきます。受付が1箇所しかないため、行列になることはしばしばありました。受付の数を増やしてくださるとありがたかったです。また、受付後に測定する体重計も一つしかなく順番待ちをすることもよくありました。豊田市という土地柄もあり、外国の方も多く来院されてきます。そのため、外国の方も安心できるように通訳できるスタッフも何人か在籍していました。

 出産までに、病院で行われているエクササイズにも何度か参加しました。しかし参加者同士交流するような時間はなかったので知り合いになることもなく終わりました。両親学級もありました。これを受講していないと父親は立ち会い出産ができません。ほかの病院でもよくある両親学級の内容と同じです。院長からの説明もありました。

 鈴木病院では、無痛分娩も取り入れているそうです。条件は、2回目の出産からとのことです。同じ日に無痛分娩で出産した人の話によると、本当に無痛で産めたと言っていました。麻酔科の女性の先生が大変評判よく、無痛分娩の方も多いそうです。

 

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。